Australian Note>スリーインワン>スリーインワン 集中講座 受講体験談1
体験談 佐藤さん1-4,5 2011年集中講座受講
1.受講の目的は、自分のカウンセリングが一番。
   苦しんでいる自分を作ってた、自分がそうし向けてたんだなというのがわかったんです。
2. スリーインワンを選んだ理由即効性もありました。
3. 感じ方を変えるというのが、スリーインワン。
    相手がどんどん変わってゆく姿というのは、不思議。


[その4]

Sが佐藤さん
、Tが田村です。
お勧めしたい人は
トラウマを持っていない人は誰もいないので、全員
T>これを誰かにお勧めするとしたら、どういう人ですか?
S>トラウマを持っていない人は誰もいないので、全員ですよね。
どういうタイプということではなく、全員に当てはまる


T>行った感じとしてはどうですか?役には立ったけど、しんどくてしんどくてとか?講師が鬼のようでしたとか。
S>今までのワーホリにはなかった、贅沢な空間でした。キランていう感じの。
T>ビスケット一つとっても、良いものを・・
S>こんな素敵なチョコレート、いただいて良いんですか?みたいな。

S>身体的には、内側からすごくエネルギーが動いているので、意識の中では全然つらいというのはないんですけど、内側がご〜って動くので、結構身体にはきてたんだなていう。
楽しかったです。いつもげらげら笑いながら、それこそ。

T>不愉快な空間ではなかった?
S>全然無かったです。
T>結構、けらけら笑ってたもんな
S>はい。
メンバーもすごくよかったですよね。すごくいい仲間という。



 
[その5]
痛い自分と向き合うのは痛いけど、それをしたくて来ているんで
ずっとやってたいという感じ
T>(レベル)7まで受けたけど、7まで受けなきゃダメ?
S>そんなことないです。1だけでも、もちろん十分得るものあるし。
でも、受ければ受けるほど、レベルが上がればあがるほど、自分のもっと奥深くまで知ることが出来るんで。

T>その、段階段階なりに、達成感はある?
S>あります。

T>欲が出てきちゃう?
S>そうです、そうです。
始まるたびに、「え、この1週間で終わっちゃうの?」って。
だから、逆に6が終わって、(レベル)7が1ヶ月伸びたじゃないですか?
正直、嬉しかったですね。
もうちょっと出来るぞ・・っていうか、ずっとやってたいという感じ
痛い自分と向き合わなきゃいけないというのは、非常にイタタタっていうのはあるんですけど、でも、それをしたくて来てるんで、痛気持ちいいみたいな。


T>痛いんだけど、意味のある痛さというか
S>そうです。
T>痛いだけだったら
S>やですからね。
T>無遠慮な手で、強引に向き合わせれたらすごく痛いんだろうけども、それを淡々と段取重ねて階段上って行くから、達してしまったみたいな?
S>そうです。
これと向き合ったら、次のステージに行けるんだと思ったら、出しちゃえ!みたいな。

T>3階から1階まで階段を1段づつ降りると、なんのこともなくたどり着きますよね。
だけど、3階の窓からいきなりぽーんとけり出されると痛いよね。そういうこと?
S>そうです。
T>淡々とやってる間に、分割してやってる間に、あ、着いてたなみたいな。
病んでる自分に酔って、誰かのヘルプを求めようとしてた
それをやってたということを知っただけでも、ずいぶん大きいですよね

S>病んでたんだなというよりも、病ませてたんだな自分でという感じがわかりましたね。
病んでる自分に酔ってたみたいな。それで、誰かのヘルプを求めようとしてた。自分で解決する以外には無いですからね

いつも、どこかで、外で答えを待ってるみたいな。でも、得られるわけがないので、

T>で、得られないから、なんてかわいそうな私という、そこで快感を得るという回路が出来てしまうと・・
S>そうそう。
T>歯が痛いときに、歯ばっかり触るとちょっと痛気持ちいいよね?
自傷行為というか、自損行為というか。
S>それを自分はやってたんだなぁという感じがするので、それを知っただけでも、ずいぶん大きいですよね。
T>ありがとうございました。

 
現代レイキ法-Australian Note-WIZARD -アロマセラピー、クレイセラピー、アーユルヴェーダ-&フラワーエッセンス Australian Note スリーインワン/キネシオロジー、現代レイキ、アロマセラピー in シドニー/オーストラリア、大阪、東京AustralianNoteをフォローしましょうAustralian Note