Home | 現代レイキ法とは | セミナー | トリートメント | プロフィール | ブログ | 関連書籍 | ビデオ | リンク | お問合
  Australian Note>現代レイキ>現代レイキとは?
   
 

レイキ / 霊気 とは?   

 シンプルに言うなら、""であり、それは"誰もが持つ本来のヒーリングパワー"のことです。
 しかし、その奥は深く、単に手を当てることのみではなく、高次の波動と共鳴すること、
 ひいては、自分自身の精神性を高め、人格向上に励み、
 その結果として、「安らかで豊かな人生」を送ることを目指します。
 つまり、レイキとは、言い換えると"日々の生き方そのもの"でもあるわけです。

 レイキの特徴は、意外にも!? 手を当てながら「よくなぁれ♪」などと念じたりしないことです。
 最初に、マスターからアチューンメントを受け、レイキ エネルギーが通る回路を活性化すれば、
 その後はいわゆる特別な修行を必要とせず、エネルギー自体は自然に流れるようになり、
 そのエネルギーを日々の健康法、浄化その他に活用できるようになります。

 そういう意味で入り口はとても簡単ですが、そのエネルギーの質を高め、
 最終目標である人格を向上、そして"悟り"に到達するには、
 日々の心がけがとても重要になります。
 とはいえ、一旦身につけてしまえば、後は実践するのみ。
 
 オーストラリアでは、現在、医療現場や公共施設にレイキを導入するために、
 "Certificate IV of Reiki" "Diploma of Reiki"の整備が進められています。
 レベル 2以上を終了した方が、さらに一定のプログラムを受けることで、
 これらの資格を受け、医療現場などで"レイキの専門家"として
 働くことが出来るようにするというものです。
 
 また、すでにこれまでも、セラピーの学校などにおいて、
 セラピストの基礎科目として取り入れているところもあります。
 
 西洋医療をはじめ、あらゆるセラピーと一緒に使うことが出来、
 その効果を上げるとさえ言われているのが"レイキ"です。

 レイキ ヒーリングを行うために、特別な素質・能力などは特に必要としません。
 大切なことは、そのことに興味を持ち、実践することです。
 基礎的な能力があっても、それを磨かない人よりも、
 特別な能力を持たなくとも、日々エネルギー向上を心がける人の方が、
 最終目的地へ到達できるといわれています。
 その方法を学ぶことが、レイキセミナーです。

 そういう意味において、レイキは、ヒーリングを受けることにも、もちろん意味はありますが、
 まずはレベル2までを学び、日々の心がけとセルフ セラピーを身に付けることが、
 その後の健康と人生に大いに役立つことでしょう。
 

   
 

レイキの歴史

 レイキは、大正の終わり頃、岐阜県出身の"臼井甕男 (うすいみかお)"氏が、
 「臼井霊気療法学会」として、東京青山にクリニックを開設し、人々の治療と、
 療法の伝授を行っていたものです。

 その時の弟子の一人、"林 忠次郎"氏のみが後にオリジナルを許され、
 「林霊気研究会」を設立。
 その門下生であった"高田 はわよ"氏がハワイにて"レイキ クリニック"を開業。
 この流れから、西洋にて"USUI REIKI"が広まり、1980年代後半に日本へ逆上陸しています。

 一方、国内では臼井氏を初代会長とする「臼井霊気療法学会」が現在まで継承され、
 その中でのみ、治療としての臼井氏の"霊気療法"が、伝えられています。
 ここでは、入会、その後のコースの受講も大変厳しい審査を必要とするとされており、
 その内容は、基本的に門外不出とされ、誰でもが入会できる会ではないようです。

 これ以外にも、海外で広まった"USUI REIKI"をベースとして、
 様々なオリジナル レイキが作られ、それぞれに広められています。

 どのタイプのレイキが、必ずしも"正しい"とか"間違っている"などと言い切れるるものではなく、
 そのレイキを選ぶかは、それぞれの選択であると考えます。
 また、いくつかの種類のレイキを学び、組合わせる方もありますが、
 これも選択の一つと言えるでしょう。

   
  "現代レイキ法"とは?
海外式レイキと伝統レイキ両方のよさを併せ持つのが"現代レイキ"

 "レイキ"には、"**レイキ"と、いろいろな名前で呼ばれているものがあります。
 いずれのレイキも、その源を辿れば"臼井 甕男(みかお)"氏に行き着くのですが、
 "USUI REIKI"等と呼ばれ、海外で広まっているレイキの多くは、
  臼井氏の弟子の中で唯一オリジナルを許したとされる、林 忠次郎氏から伝えられた手法です。

 一方、日本国内では、「臼井霊気療法学会」として、
  臼井氏そのままの教えが非常に限られたメンバーの中で受け継がれて来ています。

 海外のレイキを学ばれ、同時に日本の「臼井霊気療法学会」 の会員でもあられる
  "土居 裕"先生は、多くの資料や情報などをもとに、この、海外に広く伝わるレイキと、
  日本国内で静かに、しかし脈々と受け継がれてきたレイキの両方を組合わせ、
  わかりやすく、シンプルな"レイキヒーリング"を作り"現代レイキ"と名づけられました。
 つまり、現代レイキでは、西洋レイキと伝統レイキ両方のエッセンスを学ぶことができます。

 1998年に出版された土居先生の著書「癒しの現代霊気法」 は、
 英語,スペイン語,デンマーク語,フランス語等でも出版され、
 海外でも"Gendai Reiki Ho"または"Gendaireiki-method"として、広まりつつあります。
 また、2005年には2冊目の著書「レイキ 宇宙に満ちるエネルギー」 が出版されています。

 *現代レイキ法以外のレイキを学ばれた方が、現代レイキを学ばれたい場合は、
 それぞれお持ちののレベルに合わせて余分な負担をかけずに学んでいただける
 システムを取っております。
 是非、ご相談ください。
   
 

どんなことができるの?

 まず、最もわかりやすいのは、セルフ ヒーリングでしょう。
 レベル1で、エネルギーの通り道を活性化し、エネルギーの使い方を学びますので、
 それを実際に自分にやってみて、感じることです。
 ここで、様々な体験をする場合もあれば、まだよくわからない場合もあります。

 私は、レベル2を終えた夜、目の奥がが痛かったので、
 夜寝るときに両目と首にレイキを送りながら眠りました。  
 すると、翌日から3日間、朝、目が開けられないほどの目やにが出つづけました。
 これでいきなり完治したわけではありませんでしたが、 "何かが出た"という感覚は強くありました。

 最も、レイキは"何か"を体験する為に行うものではありません。
 こういった経験は結果論であり、期待する心は捨てましょう。
 何も感じなくても効果はあるのがレイキです。
 
 セルフヒーリングの次には、人にレイキを送ってみましょう
 まずは、近くに居る人に、直接手を当てて。
 また、レベル2では、遠くに居る人へレイキを送る方法も学びます。
 
 そういった実践を繰り返すことと、臼井先生の「五戒」を日々生きることで、
 ある日、自分の心の持ちようが変っていたり、
 体調が変っていたりすることに気づくかもしれません。
 怒りや心配を手放し、レイキの波動を通して大宇宙と響き合う。
 親切と感謝の心を忘れずに、日々、自らの役割を果たす。
 そうしてゆくことで、心身ともに豊かな人生を生きてゆこうというのが、レイキなのです。
 つまり、レイキは、一見"健康法"であり、実は、"生き方"の学びでもあるということです。 

 学んでは見たものの、なかなか時間が取れなくて・・・
 一人では、どしても・・・という方、
 是非、今後開催していく交流会に参加し、自らにそのチャンスと時間をプレゼントしてください。
 エネルギー向上はもちろん、色々な人と出会うことでも、
 レイキは、「愛と、調和と、癒しの波動」なのです。


[五戒]


現代レイキ/五戒

   
   
 
Home | 現代レイキ法とは | セミナー | トリートメント | プロフィール | ブログ | 関連書籍 | ビデオ | リンク | お問合
 
AustralianNoteをフォローしましょうAustralian Note
Copyright(c)
Australian Note-キネシオロジー、レイキ、アロマセラピー、フラワーエッセンス- 2012